自由民主党・板橋区議会議員|佐々木としたか<一人ひとりを大切にする区政へ>佐々木としたかの活動!


平成29年度 予算決まる!!

▼予算概要(抜粋)▼

未来をはぐくむあたたかいまち…1,140億1,035万円

●子育て安心……355億5,900万円

児童館事業運営(1億1,370万円)
臨床心理士巡回指導・育児相談支援の充実をはかる。
児童相談所開設準備(1,400万円)
旧板橋第三小学校跡地に開設予定。基本計画・既存施設の解体設計。

●魅力ある学び支援……175億7,155万円

区立学校適正配置推進(2,556万円)
板橋第九小と板橋第一小及び上板橋第二中と向原中の統合準備
中央図書館改築(5,600万円)
平和公園へ新設する中央図書館の基本設計・実施設計等

●安心の福祉・介護……608億7,900万円

障がい者福祉計画策定(895万円)
第5期障がい者福祉計画を策定する
生活保護扶助費(353億8,000万円)
生活保護受給人員・世帯(月18,568人・14,255世帯)
いきいきかがやく元気なまち…221億3,550万円

●豊かな健康長寿社会……187億9,400万円

健康づくり21事業(1,033万円)
いたばし健康プランの中間評価及び後期行動計画の策定
いこいの家管理運営(2億6,451万円)
14ヶ所運営うち9ヶ所改修する

●心躍るスポーツ・文化……22億5,438万円

東京オリンピック・パラリンピック競技大会機運熟成事業(1,448万円)
オリンピック・パラリンピック展示事業・キャンプ誘致・スポーツポテンシャル測定会
小豆沢スポーツ施設整備(5億7,080万円)
武道館・庭球場解体・改修設計。小豆沢公園再整備設計

●光輝く板橋ブランド・産業活力……10億8,709万円

産業活性化戦略(9,741万円)
産業立地促進事業・板橋ベンチャーフォーラム・産業活性化推進会議
農業の継承支援と農にふれる環境の充実(3,639万円)
農業体験学校の開講準備他

 

安心・安全で快適な緑のまち…235億1,160万円

●緑と環境共生……84億892万円

自然回復事業(348万円)
河川の生物調査・カラス・ハクビシン被害対策
スマートシティ推進(453万円)
先導的・先駆的プロジェクトの推進

●万全な備えの安心・安全……34億7,520万円

災害対策(9,635万円)
折畳式ノーパンクリヤカーの配備・区民消火隊の強化
細街路拡幅・指導(2億5,855万円)
拡幅整備・助成・測量等

●快適で魅力あるまち……116億2,747万円

まちづくり事業促進(2億9,795万円)
大山駅周辺地で(仮称)魅力創造計画策定
屋外案内標識デザインガイドライン策定(1,550万円)
デザインガイドラインの検討

 

計画を推進する区政経営…50億4,597万円

職員育成の充実(2,369万円)
MOTENASHIプロジェクト・若手管理職支援プロジェクト等
庁舎維持管理(5億760万円)
本庁舎北館躯体等劣化詳細調査他
他、行政ネットワークの充実・区民サービスシステム開発・運用充実等に取り組む。

| トピックス |
平成29年度予算審議を振り返って

 2月15日から始まった平成29年第1回区議会は、37日間の会期の中で、平成28年度の最終補正予算や平成29年度の予算他数多くの事案が処理され、3月23日無事終了をみることができました。活発な議論は元より、緊張したもの、議会の見識を問われるもの、時宜にかなったもの、また、地域課題など多岐に渡り、前向き、積極的な取り組みを感じ熱いものであったと思います。

 それでは、心に残ったいくつかをご紹介します。

 その1つは、元区職員の非違行為による懲戒免職処分で争われた件で裁判所より示された和解案を受け入れか否かの議論であります。
 2つ目は、旧板橋第三小学校跡地を活用して区立初の児童相談所の設置であります。子どものいじめ、虐待、不登校、貧困等による諸課題に直接取り組むものであります。
 3つ目は、中央図書館の平和公園へ移転新設であります。
 4つ目は、防災・震災等への取り組み強化であり、熊本地震の教訓を生かし、区の防災計画の見直し、区民消火隊の育成、ゲリラ豪雨対策等々早急の取り組みであります。
 5つ目は、国民健康保険料の改定であります。
 6つ目は、公共施設の整備計画・管理・活用等の見直しは、人口減少・超高齢化・社会構造の進化に合わせて行うこと。
 7つ目は、高島平グランドデザインについて、賑わう・憩う・未来に繋ぐ地域力が生かされるデザインが大切。
 その他に待機児童対策、まちづくり、教育・文化等々脳裏を巡ります。

 大切なことは、多々ありますが、一番重要かつ心砕かなければならないのが、財政ではないでしょうか?
 区民(国民)の負担(税金)するお金によって全てのことが動くのです。28年度は7年ぶりの収支均衡予算でありましたが、29年度は残念ながら基金を取り崩して編成した一般的に言われる赤字予算となりました。
 区民の負担に思いを馳せ、極力無駄を排し、区民に信頼の得られる収支均衡予算をめざし、努力しなければならないことを痛感した第1回区議会でした。

板橋区議会議員 佐々木としたか 談

| トピックス |
佐々木区議、 松田都議へ豊洲移転の早期解決を強く求め要望活動を行う!!

松田都議コメント

 小池知事から豊洲市場は「安全」であるとの答弁を頂きました。一方、築地市場は震度6強で倒壊の恐れのある建物が6棟あり、アスベストも使われているので、立替えは困難となっております。
 今後は、佐々木区議からの要望も受け、豊洲市場移転問題特別委員会で「安心」を積み重ねることによって、知事に安全な豊洲市場への早期移転を強く求めていきます。

| トピックス |
1/70 ページ >>