自由民主党・板橋区議会議員|佐々木としたか<一人ひとりを大切にする区政へ>佐々木としたかの活動!


平成30年度 予算審議を振り返って

 平成30年第1回板橋区議会は、2月15日から3月26日までの40日間で開催されました。活発な議論・質疑が行われ、平成30年度予算他が可決され、4月1日より新年度がスタートしております。30年度予算は、2年振りの収支均衡予算となりました。坂本区長の努力は評価いたしますが、区政の今後に目を移しますと厳しい舵取りは必然であります。

 少し内容に触れていきます。一つ目は、大型再開発、まちづくり事業が目白押しです。その1つは、大山のまちづくりです。都道26号の整備に合わせてクロスポイント・ピッコロ広場の再開発、東武東上線の立体化も決まり、それに合わせて大山駅前広場の整備と続きます。2つは、JR板橋駅舎改築と隣接する区の所有する用地と合同での再開発、更に上板橋駅南口の再開発等です。二つ目は、区立の児童相談所新設と併合して(仮称)子ども家庭総合支援センターの整備です。三つ目は、板橋区の旧中央図書館を閉館し、新たに平和公園内に中央図書館の新設です。四つ目は、区立全小学校に授業用ICT機器の設置他関連機器の整備です。

 その他は、災害対策、防火防犯対策、空き家対策、みどりと環境対策、高齢者の様々な課題に対する施策、商店街振興、中小企業対策等、です。

 厳しい中初心忘れず精進することを誓いまして、報告といたします。

板橋区議会議員 佐々木としたか 談

 

| トピックス |
<< NEW | TOP | OLD>>