自由民主党・板橋区議会議員|佐々木としたか<一人ひとりを大切にする区政へ>佐々木としたかの活動!


謹賀新年

| トピックス |
平成31年(2019年)新年を迎えて

 平成31年・己亥(つちのと・い)の新年を迎え、心新たに力強い一歩を踏み出されていることと拝察いたします。

 昨年は、異常気象が日本列島を襲い、台風被害や猛暑により多くの尊い命が失われました。本年は穏やかな一年になりますことを祈っております。加えて、平成の元号が4月30日で終わり、5月1日より新しい元号となります。未来に明るい発展を期待します。

 さて、板橋区においては、昨年の12月16日・17日に、東武東上線大山駅付近立体化計画と大山駅前広場計画(案)の説明会が開かれ、実現に向けスタートを切りました。また、中央図書館の建設、更には、統一地方選挙が行われ、区長・区議会議員の新しい構成で区政が始まる年でもあり、区民の期待も高まる一年になるのではないでしょうか。

 そして、2020年には東京オリンピック・パラリンピック大会があり、板橋区はバレーボール・イタリア代表チームの「サポートシティ」となりました。更には、板橋区に関係ある多くのアスリートが出場目指して頑張っております。みんなで応援していきましょう。

 さて、区政に於いては、都税の一部が国税化され減収になる他、ふるさと納税による区税の減収等が財政に大きな影響を及ぼし、厳しくなりますが、英知を結集して乗り越えていかなければなりません。

 皆様のご指導ご鞭撻を心よりお願い申し上げます。
 終わりに、皆さまのご多幸をお祈りし、挨拶といたします。

板橋区議会議員
佐々木としたか 談

| トピックス |
第22回 いたばし産業見本市2018「製造と加工技術展」 盛大に開催さる。

平成30年11月8日(木)・9日(金) 会場:板橋区立東板橋体育館
出店企業:128社・団体  来場者数:2,398人  商談数:141件

 22回を重ね「ものづくり板橋」の名が定着したと感じました。東京23区で1、2位を争う工業区として、企業同士のマッチング、商談・販路拡大へと結びついていく、更なるステップへ向けて区の果たす役割を求めて参ります。

| トピックス |
<東武東上線大山駅付近>連続立体交差事業計画・環境影響評価書及び大山駅前広場計画の説明会、開催さる!!

 12月16日(日)に板橋第一中学校体育館、12月17日(月)に文化会館大ホールにて行われましたことを報告いたします。

駅前広場の導入機能及び計画イメージ

| トピックス |
自民党板橋区議団 第13回「全国市議会議長会研究フォーラム in 宇都宮」 参加報告

開催日:平成30年11月14日(水)・15日(木)

プログラム内容

第1日(11月14日)

基調講演
「“地域共生社会”をどうつくるか2040年を越える自治体のかたち」
中央大学法学部教授 宮本太郎 氏

パネルディスカッション
 「議会と住民の関係について」

第2日(11月15日)

課題討議
「議会と住民の関係について議会基本条例のこれまでとこれからを考える」
事例報告 市議会議員 4名

 

 2日間参加し、「地域共生社会」とは、制度・分野ごとの「縦割り」や「支え手」、「受け手」という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が「我が事」として参画し、地域をともに創っていく社会、であり「議会と住民の関係について」は、住民の参加できる、しやすい議会改革また議会(議員)見える化、女性議員の視点など活発な議論が、大変参考になりました。

| トピックス |
<平成29年度決算調査特別調査委員会>佐々木区議 総括質問に立つ

◎坂本区長より前向きな答弁を引き出す。

<質問要旨抜粋>

 

東武東上線立体化促進について

大山のまちづくり・進捗状況について

(区長)補助26号道路整備・東上線大山駅付近の立体化・駅前広場事業・再開発事業については、大山町づくり全体を考慮し、進捗状況に密接に連携して進めて行きます。

中板橋駅付近の立体化について

(区長)区が主体になって、立体化も視野に入れ、踏切対策について調査・研究を進める。

連続立体化整備基金について

(区長)31年度当初における設置を念頭に整備作業を進めている。

 

町会・自治会の育成と将来の在り方について

町会・自治会の運営を支援する交付金の支給について

(区長)使途の自由度の高い運営交付金については、今後研究して参ります。

町会・自治会に対して防犯カメラの維持・管理費の助成について

(区長)支援の実施について庁内調整を図っています。

ホームページ作成について

(区長)現在実施している町会・自治会調査を行い、どの様な支援が必要か確認して行きたい。

 

産業政策について

産業振興公社の改革について

(区長)製造業中心から産業全体へウイングを広げて行く。

プレミアム商品券の発売について

(区長)より効果の高い制度となるよう、検討を始めて行きます。

 

住宅政策について

 区営・区立住宅の維持管理費の見直しについて

(区長)区立住宅については削減の方向で進めていく。区営住宅他は法律の定めもあり削減は難しい。

町会・自治会加入もしくは行事参加を要件に区内居住の大学生へ家賃助成は?

(区長)庁内関係部署と研究を進めていく。

 

教育問題について

 子ども読書活動推進について

(区長)学校図書館の充実、平成26年度約76万4,400冊から平成29年度約82万5,400冊に増加しています。

学校における朝読書の取り組みについて

(区長)すべての区立小・中学校で実施している。

| トピックス |
残暑お見舞い申し上げます

| トピックス |
平成30年6月定例会 区政への一般質問に立つ

 

東武東上線立体化とまちづくりを問う

佐々木 東上線中板橋付近の立体化促進は板橋区の最重要課題
区 長 中板橋駅付近は、区が中心となり早期実現可能な対策を含め、中長期視点で踏切対策もどうするか、関係機関と連携して取り組む。
佐々木 大山町に自然、緑溢れる文化・芸術の里を追求して行く
区 長 公共空間デザインとそれを生かすソフト事業をセットで検討する取り組みは参考になるものと考えている。

自転車安全利用条例の見直し改定

佐々木 自転車保険の加入促進や「学校の責務」「保護者の責務」、加えて具体的な区の取り組みを明記
区 長 制定から15年が経過し、社会情勢も変わってきていることから、今後の自転車施策に合わせ改定を検討する

都市間交流の発展について

佐々木 中山道、川越街道を通じた都市間交流の拡大・発展へ
区 長 金沢市との10周年記念を契機に、街道文化を背景とした自治体と連携を進めていく
佐々木 板橋区と金沢市の友好交流協定調印を記念して誕生した「いたばし八丈百万石」のイベントによる交流拡大を
区 長 商店街の活性化と、区民と共に楽しめるイベントを検討していく

認知症施策の推進について

佐々木 認知症早期発見・早期診断推進事業の更なる取り組み充実を!
区 長 東京都健康長寿医療センターの専門性を生かして認知症の見立てや専門機関への受診の支援に取り組んで行く
佐々木 認知症サポーターの養成と活用の充実について
区 長 認知症サポーターが地域で活躍できるよう制度の充実を図って行く

坂本区政について

佐々木 職員のコンプライアンスと法意識の醸成向上について
区 長 あらゆる機会を捉えて法令遵守、高い倫理観を持つ行政のプロとして行動できるよう研修・人材育成に取り組んで行く
佐々木 平成31年度の予算編成に向けて区長の思いは!
区 長 2020オリンピック・パラリンピックの成功とレガシー創出、加えてこどもの貧困対策、鉄道の立体化、駅前のまちづくり等に取り組んで行く

教育委員会の取り組みについて

佐々木 特別支援学級5組児童の野外教室活動参加について
教育長 障害の特性等に合わせ対応する必要があり、医療職や介護者の確保等課題があり、研究させてほしい
佐々木 リーディングスキルテスト(読解力の調査)の導入について
教育長 都の学力調査の結果、読み解く力に課題があることが明らかとなり、リーディングスキルテストを行い、現在行っているフィードバック学習に生かして行きたい
| トピックス |
自民党板橋区議団 視察報告

視察日 平成30年7月23日(月)〜24日(火)
視察地 北海道釧路市

●1日目
釧路市観光国際交流センター/
釧路フィッシャーマンズワーフM00/

釧路市権利擁護成年後見センター

釧路市権利擁護成年後見センターの取り組み内容は勉強になりました。特に市民後見人育成については先進的取組事例として研究をしていきたい。

●2日目
釧路市役所
生活保護受給者自立支援プログラム

 生活保護受給者自立支援プログラムについて、抱える課題は同種であるが、広域的な連携を通して対策を講じているシステムは参考にしたいと考えています。

 

| トピックス |
区民環境委員会視察報告

視察日 平成30年7月12日(木)〜13日(金)
視察地 石川県金沢市・富山県富山市

●1日目

金沢市「学生のまち・金沢の推進について」

 学生のまち・金沢の推進については、金沢まちづくり学生会議を始め、サロンや会議室、ホール等々を備えた「金沢学生のまち市民交流会館」を開設し、自主的な学生の活動を支援する市の取り組みは大変勉強になりました。

●2日目

富山市「セーフ&環境スマートモデル街区の整備について」

 セーフ&環境スマートモデル街区については、学校跡地を環境に配慮したスマートシティ構想を民間企業にプロポーザル提案していただき、採用企業に土地を売却してのスマート街区づくりは、今後のまちづくりに参考になりました。

| トピックス |
1/19 ページ >>