自由民主党・板橋区議会議員|佐々木としたか<一人ひとりを大切にする区政へ>佐々木としたかの活動!


自民党板橋区議団 視察報告

視察日程 平成29年3月28日(火)〜3月29日(水)視察場所 香川県香川郡直島町・愛媛県松山市

3月28日(火) 香川県香川郡直島町
「ベネッセアートサイト直島事業について」
ベネッセハウスミュージアム・家プロジェクト・地中美術館視察

 1日目の視察は、瀬戸内海に浮かぶ小さな直島を「丸ごとアート」をコンセプトに日本の伝統・文化・芸術等が見事に生きづいていました。特に安藤忠雄設計の地中美術館は圧巻でした。

3月29日(水) 愛媛県松山市
「アーバンデザインセンター松山について」

 2日目は、松山市の中心市街地再開発にアーバンデザインセンターを活用した取り組みを視察しました。様々な発見、学ぶものがあり、板橋のまちづくりに大変勉強になりました。

| トピックス |
謹賀新年

 

平成29年(2017年)新年を迎えて

 

 平成29年・丁酉(ひのと・とり)の新年を迎え、いかがお過ごしでしょうか。

心新たに力強い一歩を踏み出していることと思います。

 昨年は、地震、台風等による甚大な被害があり国民の悲痛な声が聞かれました。本年は災害のない事を祈りたいと存じます。秋には都知事選挙が執行され、女性知事の誕生した年でもありました。更に海外では、イギリスのEU離脱、アメリカ大統領にトランプ氏の勝利、韓国朴槿恵大統領の辞任等々、国内外の政治の大きな転換が予想される出来事に一喜一憂しましたが、国民不在の転換だけは避けなければならないとの思いを強くしております。

 さて、目を転じて板橋区政を見ますと平成28年度は、「板橋区基本計画2025」及び「いたばし癸閏存愁廛薀鵤横娃隠検廚僚蘿度として、区の将来像「未来をはぐくむ緑と文化のかがやくまち板橋」の実現を目指し、今後10年の区の成長・発展に向けてスタートした重要な年度でありました。

 そして今年は、2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて万全な対策と青少年、区民等との連携を進める大切な年である一方で少子・高齢化、人口減少の影響を予測し「東京で一番住みたくなるまち」板橋を創る積極的な挑戦が必要であります。

 〇勸蕕動多粥´¬ノ呂△覲悗啝抉隋´Kかな健康長寿社会 た缶るスポーツ・文化 ジ輝く板橋ブランド・産業活力 ξ个抜超共生 万全な備えの安心・安全 を主要施策として今年も全力で頑張ってまいります。

 終わりにみな様のご多幸をお祈り申し上げまして挨拶と致します。   

 

板橋区議会議員 佐々木としたか 談

| トピックス |
平成27年度決算調査特別委員会 総括質問

 

大山まちづくり・東上線立体化促進をめざして

問1▶大山駅付近の連続立体交差化事業の着手に向けた決意を聞く。

回答▶高架式か地下式かの構造形式にかかわらず、都に対して早期実現を要望していく。

問2▶大山まちづくり、立体化促進のための用地の先行取得を!

回答▶最終的な利用形態を考慮し、規模などを検討していく。

 

区民消火隊の育成を求めて

問1▶入隊者の確保が難しい。入隊者の拡充・確保に向けて、区の積極的な取り組みを!

回答▶SNSの活用。活動紹介などで知名度を上げていく。

問2▶区内消防団との交流、加えて消防団合同点検に区民消火隊の参加を!

回答▶消防署に働きかける。

 

細街路拡幅整備事業促進を求めて

問1▶細街路線を災害対策特別道路と位置づけ整備を!

回答▶密集地域に地区計画を導入し、区画道路などに位置づけ拡幅に取り組んでいる。

問2▶建築基準法42条2項道路等の中心線の測量・確定について、区の予算・事業で行う事を求める!

回答▶区が2項道路の一定区間確定出来れば問題なく進むと思いますが、権利関係者の同意や実績もない状況であり現段階では難しいと考える。

 

行政評価システム改善を

問1▶地域密着の区が行う事業について、議会・議員が評価する仕組みの検討を!

回答▶二次評価結果の報告により、議会・議員が関与する仕組みになっている。

| トピックス |
11月7日 東京都へ要望書提出!!

↑建設局長へ要望書を手渡す協議会会長
 佐々木としたか区議

大山駅周辺まちづくりと東武東上線立体化
実現を迫る。

 11月7日、大山駅周辺まちづくり・東武東上線立体化促進議員協議会 会長 佐々木としたか、副会長 石井 勉、松岡しげゆき、事務局 大野はるひこ4名が東京都へ要望活動を行いました。当日は地元選出の都議会議員・河野ゆうき、松田やすまさ、たちばな正剛、みやせ英治議員の力強いご支援をいただきました。

| トピックス |
参加報告|第11回全国市議会議長会研究フォーラムin静岡|自民党区議団

◎プログラム内容

第1日(10月19日)

・基調講演
「二元代表制と議会の監視機能」
東大名誉教授 大森 彌 氏

・パネルディスカッション
「監視権の活用による議会改革」

第2日(10月20日)

・課題討議
「監視権を如何に行使すべきか」

 

報告

 「二元代表制」からなる地方公共団体は、行政執行権を持つ首長部局と議事機関である議会がそれぞれの持つ権能を最大限に活用して住民(区民)の福祉の向上・発展に努めなければならない。そのために、行政のチェック機能の向上に加えて議会(議員)からの政策提案機能の向上を図って行かなければならない事を勉強してまいりました。

 

| トピックス |
視察報告|旭川市・札幌市|自民党区議団

9月5日●北海道旭川市

・北彩都(きたさいと)あさひかわ整備事業について

9月6日●北海道札幌市

・札幌市 子どもアシストセンターについて
・国民保護計画と地域自治体との防災協定について(陸上自衛隊真駒内駐屯地)
・札幌市 豊平川さけ科学館

 

報告

旭川駅建替えにあたり駅周辺一帯再開発、人口減少対策、雇用(就労)対策、高齢対策、環境まちづくり対策等総合事業としての取り組みを強く感じました。また、子どもアシストセンターは子どものいじめ、不登校、虐待、権利等、児童相談所の補完機能としての役割を感じました。国民保護計画また地域自治体との防災協定について自衛隊と自治体との協力。日頃のコミュニケーションと情報の共有が大切である事を学んできました。

 

| トピックス |
平成29年区政報告&新春の集い

| トピックス |
残暑お見舞い申し上げます。

| トピックス |
第1回区議会・臨時会 開催(5月24日)

 常任委員会委員・議会運営委員会委員の選任に加えて、特別委員会委員の辞任に伴う新たな委員の選任が行われました。

 佐々木としたか区議は、常任委員会は企画総務委員に選任され、合わせて企画総務委員長を拝命しました。特別委員会は、スポーツ・健康調査特別委員となり一年間責任を果たしてまいります。
また、平成28年度議会選出附属機関等委員には、
・表彰審査会・生活安全協議会・財産評価委員会・土地開発公社評議員会等の委員となりました。既に受けている政務活動費のあり方検討会の会長は、継続して務めることになりました。
 重責をしっかりと受け止め区民の声を聞きながら取り組んでまいります。ご指導よろしくお願い申し上げます。

| トピックス |
平成28年度一般会計補正予算(第2号・第3号)6月議会で追加可決する。

(第2号)4億4,200万円(第3号)1億8,300万円

補正予算(第2号)内訳

◎区行政の遂行にあたり緊急性を要する経費(3億6,720万円)

(1)板橋駅板橋口駅前用地活用経費(6,520万円)
 区が所有する板橋駅前用地とJR板橋駅舎の一体的活用に向けた開発の基本計画を策定するため。

(2)個人番号カード発行経費(2億3,600万円)
 国のコンピュータシステムに障害が発生し、個人番号カード交付に遅延が生じ区民に多くの迷惑をかけており、その解消を図るため交付作業人員、端末の増強を図る。

(3)児童福祉施設維持補修等経費(6,585万円)
 旧加賀児童館の解体を進め、民間保育所建設のためとして整備を急ぐ必要があるため。

(4)区道補修経費(7,480万円)

 

補正予算(第3号)内訳

◎東京都知事選挙執行経費(1億8,300万円)
舛添要一知事辞職に伴う都知事選挙を行うため。

| トピックス |
<< 3/18 ページ >>